能登は発酵王国と呼ばれ多種多様な発酵食品があり、伝統料理もたくさん残っています。

その中でも代表格はいしりですが、他にもこんか鰯、こんか鯖などのお魚のぬか漬け、

ひねずしと呼ばれる寿司の原型から冬のかぶら寿司などもあります。

発酵の権威、小泉先生の著書の中で「食の世界遺産」としてひねずしやいしりを

取り上げてくださっています。

ふらっとでは味噌なども手作りしますし、お出汁でゆうと、鰹節やあご出汁も

手作りします。もちろん、漬物や魚の干物なども作ります。

日本の3大杜氏と呼ばれる能登杜氏も有名で、能登町だけで酒蔵が3つもあります。