能登の伝統食材

海にも山にも恵まれた能登には、地元の食材を使ったユニークな
郷土料理があります。ふらっとで味わえるものを集めてみました。

 能登は発酵食品の宝庫です。 中でも『いしり』という魚醤油は日本の三大魚醤と言われています。 能登半島でも能登町はいか、輪島門前では鰯で作られたものが 昔から伝わる伝統的な『いしり』です。 ふらっとではいかで作る自家製の『一番いしり』を使用しています。 郷土料理の宿さんなみをやっていた父直伝のこだわりの『一番いしり』です。 父は県内に一人(=日本に一人)しかいない 『いしりの匠』に認定されました。 父のこだわりぶりは徹底していて 極上の『一番いしり』しかしぼらないので、 旨味もほかの『いしり』から群をぬいています。 発酵食品の権威や世界各国のシェフからも賞賛されている 『一番いしり』は、地元で使い、能登に足を運んでいただき この土地で食して欲しいというのが父の強い願いです。 そんな、美味しい『一番いしり』ですから私たちも伝統を受け継ぎ、父のこだわりの製法で製造しています。 いしりは天然の旨味調味料。少し加えるだけでグンと旨味が増します。 いしり2本といしりのレシピ本のセット8月上旬発送予定の予約受付中です。  ...

自家製いしり

2012.03.21 up

  家には無農薬の自家栽培で育てている柚子の木が   20本程あります。 秋には収穫し、いろいろなものに加工しますが 中でも人気なのが母の手作りゆうなんばです。 もちろん私も母に習って作っています. ゆうなんばは特に鍋の季節には 送ってもらえませんか〜というお電話を 沢山いただきます。 原材料は自家栽培のゆずと能登の塩、国産の唐辛子のみですが かめで長期熟成させているのでぴりっとしながら丸いお味に仕上がっています。 ちなみに家ではじゃぶじゃぶなどのたれ、餃子のラー油の代わりに お豆腐にのせて、お刺身の醤油に、うどんなどの薬味にと大活躍です。...

ゆうなんば

2012.03.01 up

 

〒927-0443 石川県鳳珠郡能登町矢波27-26-3 ふらっと:0768-62-1900 電話受付時間9:00~21:00(水曜定休)